会社勤務を行っている方の中には、残業代が未払いの状態に陥ってしまい、一向に会社側が支払ってくれない状態にある方も決して珍しいことではありません。

この内容に関しては、明確に法律によって定められているので、
規定の手順を踏む方法で上手く請求することができます。

まずは、証拠を残すことは非常に重要です。タイムカードなどを利用している会社の場合では、締日ごとにタイムカードの写真を携帯電話などで撮影しておく方法が効果的です。

写真撮影が難しい状態にある方のケースでは、手書きでも自己所有のノートや手帳などに、
毎日労働を行った日付と時間を書き記しておくことが必要です。

この方法であれば、残業代を請求する基盤となる労働時間を明確にすることができるので、
その後にスムーズに請求することに必要とされています。

未払い期間の請求に関しては、2年間を持って時効とされてしまうので、この点にも十分に配慮することが大切です。

2年以上前の残業代に関しては、請求権を失っているものと判断されてしまうので、未払い分がある場合では、その請求するタイミングを見つけることも有効です。仕事をしてきた明確な証拠を手にして、直属の上司に伝えることが良い方法になり、経理担当者などが存在している会社の場合では、その役職の方を対象とすることも可能です。何より証拠さえ持っていれば、会社側とトラブルになった際にも他の手段で請求することも十分に可能になるので、まずは証拠集めをしっかりと行っておくことが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です