サービス残業が横行している企業というのは世間に多くありますが、愛社精神を持って会社に奉仕することは悪くはありません。

しかしながら会社とは賃金をもらうことで労働力を提供するという大前提のもと雇用契約を交わしていますので、日頃残業代が全部でなくて悩んでいる方や、毎日少しだけサービス残業をしなければならないという方は、なるべく残業代請求をして取り戻すようにしましょう。

大抵は従業員から残業代が出ていないことを指摘されると、企業の担当者が調査を行いそのとおりならばそのまま働いた時間分の残業代を、従業員の指摘が間違っている場合には、正しく計算しなおした残業代を支払ってくれます。

会社側にまず請求をするというアクションを起こすことが残業代請求には必要になるので、毎月の労働時間を自分で計算して不足分を調べてみましょう。もし会社側に残業代請求をしても拒まれる場合には、まず一度内容証明郵便にて請求をしましょう。それでも請求に応じない時には、労働基準監督署への通報を真っ先にすることで、労働基準監督官の調査が入ります。

この時点で企業はおおっぴらになることを避けるために支払ってくれますが、企業側が間違っていないと主張する場合には裁判沙汰となるケースもあります。裁判となると残業代請求のために、資料を色々用意しなければなりません。証拠として必要な資料はまずタイムカードと、残業をしていたと客観的に見てわかるような書類です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です