残業代がすべて支給されない場合、過去2年間に遡って未払い残業代請求をすることが可能です。

残業代の請求権は短期消滅時効に掛かってしまうため、2年間で時効を迎えてしまうので対応は急ぐ必要があります。過去に勤めていた企業でかなりの時間のサービス残業をしていたのであれば、多額の未払い残業代が発生している可能性があるので、正当な権利として請求したほうが良いでしょう。

退職した企業に対して未払いとなっている残業代請求を検討している人は、まずは法律の専門家である弁護士などに相談をしてアドバイスをもらったほうが良いでしょう。相談する弁護士を選ぶ際には、労働問題に関して業務を行っている事務所を見つけて話をしたほうが的確なサポートが期待できます。

なるべく、過去の残業代請求に関する実務を行ったことがあるところを選ぶことが肝心です。ウェブサイトで自分の事務所の業務を紹介しているところも増えているので、労働関係の相談をしている事務所も見つけやすいでしょう。残業代請求をするためには、請求する側がしっかりと証拠を集めることが必要となります。

なるべく退職前に証拠となるタイムカードのコピーなどをとっておくとよいでしょう。証拠の集め方などについても業務に慣れている弁護士であれば役立つアドバイスをしてくれます。弁護士に残業代請求を依頼した場合、報酬の支払いは必要となりますが、しっかりと支払ってもらうためには法律の専門家のサポートがあったほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です