管理監督者には残業代は支払われませんが、これを曲解して管理職には残業代を払わなくてもよいと考えている会社も多く、またそこで働いている人も何か納得できないものを感じながらもうやむやにされてしまっていることが多いようです。

課長とか店長などという役職や肩書きがつけばすなわち管理監督者であって残業代が出ないわけでは決してありません。管理監督者とはその名前のとおり管理や監督を主な仕事とする人である必要があるのです。管理職らしき役職がついていても、管理や監督が主な仕事ではなく事務的な仕事や接客、顧客対応が主な仕事となっているような人はこれには当てはまりません。

また、単に管理や監督が主な仕事であるだけでは実は要件としては不十分です。一般の社員に比べて高い待遇、つまりはより高額の給料を払ってもらっていることも必要です。残業代を無しにして人件費総額を抑制するために適当に管理職を作ろうと考えている会社があったとすれば、まずこの点を頭に入れておいてもらいたいものです。

一般の社員と変わらないとか、むしろ低いような給料しかもらっていない人が管理監督者に当てはまるはずがないということです。さらに、仕事や働き方について自分の裁量権が広いことも必要です。何かにつけていちいち上司の許可を得なければ仕事が前に進まない人とか、自分自身の労働時間を自分の裁量で決めることができないような人はやはり管理監督者ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です